PUFsecurity and Andes Cooperate to Integrate Crypto Coprocessor PUFcc into RISC-V AIoT Security Platform

(Taiwan, June 2nd, 2021) — PUFsecurity, a security solutions IP company, and Andes Technology (TWSE: 6533), a leading RISC-V CPU IP vendor, are the first to incorporate PUFsecurity’s PUFcc crypto coprocessor with Andes Technology’s D25F CPU and its associated platform AE350. With this successful integration, PUFcc will become a part of the AndeSentry™ security framework from Andes Technology, offering a rich set of security solutions for the RISC-V ecosystem.

PUFsecurity jointly develops the security solution PUFcc with eMemory (TWSE: 3529), combining eMemory’s innovative NeoPUF, a physically unclonable function (PUF) that could be the chip fingerprint, along with the leading anti-fuse one-time programmable (OTP) memory, NeoFuse, and PUFsecurity’s root of trust and NIST CAVP-certified cryptographic engines (including symmetric/asymmetric ciphers, hashes, key wrapping, message authentication, etc.). Featuring multiple analog/digital anti-tampering designs to prevent both invasive attacks (such as those utilizing focused ion beam, FIB) and non-invasive ones (such as side-channel analysis), PUFcc provides a solid security boundary for chip protection.

Using PUF-derived chip fingerprints to internally generate key pairs and inborn IDs, PUFcc lowers the cost of supporting zero-touch deployment to meet the secure onboarding requirements of AI/IoT/5G multi-terabyte, networked devices. In other words, PUFcc can assist cloud-based application ecosystems in achieving zero-trust compliant security operations.

Andes Technology’s RISC-V D25F is a 32-bit high-performance processor core that supports single/double-precision floating-point operations, RVP P-extension (DSP/SIMD) instructions and Physical Memory Protection (PMP). The pre-integrated AE350 platform comprises AHB/AXI bus matrix, interrupt control, debug module, and commonly used peripherals such as GPIO, I2C, PWM, QSPI, UART, and WatchDog Timer. It greatly simplifies the SoC construction for customers. D25F processor with the AE350 platform has already been licensed to many customers for use in a broad range of markets, including the emerging AIoT applications.

AndeSentry™ security framework enables open collaboration and brings out a variety of security solutions. Now included in AndeSentry™, PUFcc provides secure storage, root of trust, and hardware cryptographic engines. When integrated with the D25F+AE350 platform, PUFcc supports system-level security features such as secure boot/OTA (over-the-air) updates and firmware/software protection. The combined solution is ideal for the growing secured AIoT applications.

The successful partnership between Andes Technology and PUFsecurity is a significant milestone for the security IP industry, which will lead to the development of even more cost-effective hardware security solutions for the RISC-V ecosystem.


熵碼科技與晶心科技合作將安全處理器PUFcc導入RISC-V AIoT安全平台

(新竹台灣,2021年6月1日) 致力於PUF (Physical Unclonable Function)安全解决方案矽智財的熵碼科技與RISC-V矽智財領導廠商晶心科技(TWSE:6533),率先將力旺電子(TWSE:3529)與熵碼科技共同開發的純硬體安全處理器PUFcc,導入晶心科技具數位信號處理能力的D25F CPU及其應用平台AE350,並成為晶心科技AndeSentry™安全框架的一部分,為RISC-V晶片生態鏈帶來更完整的安全解決方案。

晶心科技的AndeSentry™開放性的安全合作框架彙集多種安全解决方案,其中PUFcc扮演安全協同處理器角色來執行應用所需安全功能,例如安全信任根、抗攻擊與防複製的安全存儲、隨機數產生器、符合美國NIST高安全標準的對稱/非對稱演算法與密鑰生成/管理機制、簽章認證與資料加解密功能,結合晶心科技的D25F+AE350平台,實現安全啟動、韌體保護、線上更新等更高安全性的系統級安全部署。

熵碼科技所開發之硬體安全處理器PUFcc,結合母公司力旺電子所研發的新一代矽智財Quantum-Tunneling PUF (NeoPUF 晶片指紋),與業界首屈一指的Anti-fuse NeoFuse OTP(One-time Programmable Function)存儲技術,提供晶片識別信任根基礎與穩固的安全邊界,並支持各種國際標準算法,包含對稱、非對稱、雜湊算法與SM2/SM3/SM4,提供彈性化的配備與客製空間。

PUFcc具備多項物理/數位抗攻擊設計,能進一步抵抗旁路攻擊(Side-Channel-Attack)與晶片防複製 (anti-cloning)。對於侵入式攻擊,比方對晶片做聚焦離子束(Focused Ion Beam, FIB ),也有良好的防禦效果。

利用晶片指紋產生密鑰對(Key pairs)與原生ID (Identity), 可降低實現零接觸部署(Zero Touch Deployment)的成本來滿足AI/IoT/5G數以兆計連網裝置的安全部署。協助雲端應用生態,達成零信任(Zero Trust)的安全運作。

晶心科技的RISC-V D25F CPU是32-bit 高效能CPU核心,支持單/雙精度浮點運算以及 RVP P-extension (DSP/SIMD)延伸指令; 而AE350應用平台具AHB/AXI匯流接口、中斷控制、除錯模組以及常用的周邊元件如GPIO、I2C、PWM、QSPI、UART和WatchDog Timer等,能讓客戶設計SoC更為容易。D25F搭配AE350已授權給眾多客戶並廣泛運用在不同的領域。

此次晶心科技和熵碼科技在安全矽智財的合作上別具意義,將為RISC-V架構下的晶片生態系統提供極具成本優勢的硬體安全解決方案。


PUFsecurityとAndesが共同で、RISC-V AioTセキュリティ プラットフォームに、暗号コプロセッサのPUFccを搭載。

(Taiwan, June 2nd, 2021) セキュリティ ソリューションのIPカンパニーであるPUFsecurityとRISC-V CPU IP のリーディングカンパニーであるAndes Technology (TWSE: 6533)が、Andes TechnologyのD25F CPUとそのプラットフォームであるAE350にPUFsecurityの暗号コプロセッサPUFccを初めて組み込みました。この搭載の成功により、PUFccはRISC-Vエコシステムに豊富なセキュリティソリューションを提供しているAndes TechnologyのセキュリティフレームワークであるAndeSentry™ の一員と成りました。


PUFsecurityはeMemory (TWSE: 3529)の革新的NeoPUF(PUF:physically unclonable functionはチップ指紋とも称されます。)と組み合わせて、セキュリティソリューションであるPUFccを共同開発しました。 PUFiotにはNeoPUFに加え、業界をリードしているアンチフューズ型のOTP(one-time programmable memory)であるNeoFuseとPUFsecurityのルートオブトラスト、並びにNISTのCAVP認証を得た暗号エンジン(対称/非対称暗号、ハッシュ、キーラッピング、メッセージ認証等を含む)を搭載しています。また、PUFccには複数のアナログ/デジタル アンチタンパー設計が採用され、FIB(focused ion beam)等を活用した侵襲攻撃やサイドチャンネル攻撃等の非侵襲攻撃の双方を防ぐことができ、チッププロテクションにおける強固なセキュアバウンドリーを提供します。


PUF由来のチップ指紋を、キーペアやIDの内部生成に使用することで、PUFccは、AI/IoT/5G等マルチテラバイトのネットワーク機器の安全実装に必要とされるゼロタッチ開発をサポートする費用を低減します。 別の言い方をすれば、PUFccはゼロトラストに準拠したセキュリティー オペレーションを実行できるクラウドベースのアプリケーション エコシステムを支援できます。


Andes TechnologyのRISC-V D25Fは、単/倍精度の浮動小数点演算、RVP(RISC-V P-extension (DSP/SIMD)命令)、PMP(Physical Memory Protection)をサポートする32-bitハイパフォーマンス プロセッサコアです。 事前実装プラットフォームであるAE350には、AHB/AXIバスマトリックス、割り込みコントローラ、デバッグモジュール、および、通常使用されるペリフェラルとしてGPIO, I2C, PWM, QSPI, UART, WatchDog Timerが搭載され、お客様のSoC構築の簡略化に大きく貢献します。AE350プラットフォーム上のD25F プロセッサは、新興のAIoTアプリケーションを含めて、広範なマーケットの多くのお客様にライセンスされた実績を持っています。


AndeSentry™セキュリティフレームワークはオープンコラボレーションが可能で、多種多様なセキュリティソリューションを生みだします。今回AndeSentry™の一員と成った, PUFccは、セキュア ストレージ、ルートオブトラスト、並びに、ハードウエア暗号エンジンを提供します。D25F+AE350プラットフォームに搭載された際には、PUFccはシステムレベルのセキュリティとして、セキュアブート/OTA (over-the-air) アップデート、 ファームウエア/ソフトウェア プロテクションをサポートします。この組み合わされたソリューションは、成長するセキュアなAIoTアプリケーションに、まさに理想的なものと言えるでしょう。


Andes TechnologyとPUFsecurityとのこの実り多きパートナーシップは、セキュリティIP業界における大きな節目と言え、RISC-Vエコシステム向けの更に費用対効果の高いハードウエアセキュリティソリューションの開発に繋がるものとなるでしょう。


About PUFsecurity
PUFsecurityはeMemoryの子会社であり、革新的なPUFベースのセキュリティソリューションを専門にしています。eMemoryのNeoPUFやOTPのようなコアIPを含む技術成果や技術力を生かし、PUFsecurityはPUFベースのセキュリティソリューションを市場に送り出しています。最新のソリューションとしては、5 in 1のハードウエア ルートオブトラスト モジュールであるPUFrtとPUFベースの暗号コプロセッサであるPUFccがあります。PUFsecurityは、広範に渡るプロセスノードに対して既に実証され、高い能力とコスト効率を携えたハードウエア セキュリティIPソリューションを提供します。
For more information please visit: http://www.pufsecurity.com


About Andes Technology
16年の業界実績とRISC-V Internationalの創立プレミアメンバーでもあるAndesは、ハイパフォーマンス/ローパワーの32/64-bit embedded processor IPソリューションのリーディングサプライヤであり、RISC-Vをメインストリームにする事に注力しています。Andesの第5世代AndeStar™ アーキテクチャはベースとしてRISC-Vを採用しました。このV5 RISC-V CPUファミリーは、Tiny 32-bitコアから高性能64-bitコアまでをラインアップし、DSP, FPU, Vector, Linuxやスーパースカラ並びにマルチコアの能力を備えています。 Andes-Embedded SoCs の年間数量は2020年で20億個を超え、累計で70億個に達しました。
For more information, please visit https://www.andestech.com.


About RISC-V AndesCore™
Andes TechnologyのCPUファミリーは、入門レベル、ミッドレンジ、ハイエンド、拡張可能、セキュリティ ファミリーと包括的に構成され、組み込み電子機器の全範囲、特に、コネクテッド、スマート、グリーン アプリケーションに対応しています。2017年以降、Andesは製品ラインアップをRISC-Vプロセッサに広げ、N22, N25F/NX25F, D25F, A25/AX25, A25MP/AX25MP, A27/AX27/NX27V, A45/D45/N45, AX45/DX45/NX45と拡大するV5ファミリーのトータルソリューションを提供しています。
For more information about Andes Technology, please visit: http://www.andestech.com/

Share:

Related Posts

PUFsecurity gains Riscure accreditation for its Anti-Tamper solution, PUFrt
UMC, eMemory, and PUFsecurity Announce Succefully Silicon-Proven Secure Embedded Flash IP
PUFsecurity’s Secure Crypto Coprocessor PUFcc Wins COMPUTEX 2022 Best Choice Award