ターゲット市場の概要

IoTから他のハイエンド市場への様々な要求を満たす

PUFsecurity のターゲット アプリケーション領域は、ネットワーク関連のアプリケーションです。当社のお客様は、IoTエッジデバイス、人工知能インターフェース、車両のインターネット、フィンテック関連のオンライン取引やブロックチェーンの分野にいます。現在の市場には、安全で費用対効果の高いソリューションがありません。したがって、PUFsecurityは、研究開発の力とeMemoryからのファウンドリの強力なネットワークを利用して、このギャップを解決することを目指しています。我々の最初の目標は、組み込みのハードウェアセキュリティモジュール、特にセキュリティ素子やSoCなどのさまざまなチップ設計向けの組み込みハードウェアセキュリティソリューションを中心にしています。

IoT

誰かがあなたの電話を聞いただけで、インターネットサービスプロバイダを通じてパスワードを盗んだりする場合、それがいかに恐ろしいことか想像してみてください...

 

PUFsecurityのPUFベースのセキュリティ機能は、先天的な物理的微小変動を利用して一意のパスワードを作成します。エッジデバイスの一意の識別子(UID)として、またはキー生成、ストレージ、暗号化、復号化による安全なデータ送信管理として、PUFは複雑な補足設計なしで卓越して実行できます…(続きを読む

公共の場で仕事をしているロボットが制御を失い、市民に危害を加えた場合、それがどれほど恐ろしいものになるか想像してみてください...

 

AIの分野のハードウェアセキュリティには多くの用途があります。まず、AIの設計と運用に不可欠な知的資産、ビッグデータ、アルゴリズムを保護します。第二に、AIマシンが深層学習やミッションの遂行中に、第三者からの悪意のある侵入を防御します。第三に、機密データ向けの安全なストレージを提供します。上記のアプリケーションは、PUFベースのUID、暗号化、認証などの機能によって実現できます…(続きを読む

想像してみてください:あなたは最新モデルの自動運転車で旅をしています。突然、未知の悪意のあるエージェントがシステムに侵入し、制御不能になります...

 

セキュリティ規制を満たすために、スマートカーの部品は適切に承認および認定される必要があります。 NeoPUFの完全に予測不可能なランダム性と、さまざまな電圧および極端な温度(-40°C〜175°C)での極度の安定性により、スマートカーは、動作環境に関係なく信頼性の高いパフォーマンスを発揮できます…(続きを読む

新しい利便性には、新しいリスクが伴います。クレジットカードの詳細の漏洩、ATMマシンのハッキング、ビットコイン取引の侵害...

 

取引中のユーザーデバイスの主な機能は、インターネット経由でサーバーから承認を交換し、受け取りを処理することです。したがって、データ侵害を回避するために必要な暗号化アルゴリズムと予防手順を実行するには、ハードウェアセキュリティを実装することが不可欠です。 PUFsecurityのソリューションのコアIP(NeoPUF)は、UID、tRNG、認証、暗号化に使用される高品質のランダム性と予測不能性を備えた理想的なエントロピーソースです...(続きを読む

FIPSとは?PUFはどのように適用されますか?

連邦情報処理規格(FIPS)は、米国標準技術局(NIST)によって開発され、情報技術とコンピューターのセキュリティを規制するために米国政府によって実装されています。FIPS 140 シリーズは、貴重なデータを保護するためにすべての政府機関のテクノロジが準拠する必要がある暗号化モジュールの要件を指定します。 現在、FIPS 140-2 バージョンが使用されています。FIPS 140-2 は、次の 4 つのレベルのセキュリティを定義します...(続きを読む

© 2020 PUFsecurity  All Rights Reserved