PUF とは何でしょうか?

物理複製困難関数(PUF)は、半導体デバイスの固有のIDとして機能する物理的に定義された「指紋」と考えることができます。
PUFは、チップの製造中に導入されるランダムな物理的微小変動の固有性に依存します。 暗号化でPUFを使用することの根本的な利点は、その固有性と予測不可能性(ランダム性)です。

NeoPUFが理想的なPUFです


NeoPUF技術は、その理想的なランダム性と∞ビットまでのランダムビットのエントロピープールにより際立っています。私たちのセキュリティ機能の設計は、NeoPUFの安定した先天的な物理的微小変動に基づいています。NeoPUFは、データ後処理やデータヘルパーを必要とせずに理想的な性能のためのNIST 800-22テストに合格し、複雑なECC(エラー修正コード)システムの追加コストなど、通常のPUF関連の懸念を克服し、異なる動作環境下で一貫性のない結果となる脆弱性を回避します。 つまり、セキュリティ機能は統計的に堅牢で信頼性が高く、温度や電圧などの外部の影響を受けません。

主な特長は次のとおりです

  • ハミング重みが50%の高いランダム性

  • 50%の内部IDハミング距離による理想的な一意性

  • 統計的にテストされ、NIST 800-22全テストスイートに合格

  • 0のID内ハミング距離に基づくデータの後処理は不要

  • 温度(-40〜175°C)などのすべての環境条件下での高い安定性

  • 最低10年の稼働寿命で経年劣化の問題はありません

  • 主要なファウンドリの様々なプロセスプラットフォームでの幅広く使用可能

  • コンパクトなIPサイズ、マスクを追加を必要としないプロセス、
    短いテスト時間で費用対効果が高い

NeoPUFのパフォーマンス比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファウンドリで使用可能

PUF ベースのセキュリティ ソリューション

 

NeoPUF IPが組み込まれたチップは、チップが一意であるために、固有の乱数を生成して独自の指紋を持っています。 このようなICの指紋は、多次元の信頼の基となります。 識別、認証、暗号化に使用できます

 

© 2019 PUFsecurity  All Rights Reserved