© 2019 PUFsecurity  All Rights Reserved

IoTは、デバイスをインターネットに接続し、共有環境で散在して整理されていないデータを収集および共有できるようにする概念です。IoTは情報流通の効率と品質を促進できるため、物流、製造、ヘルスケア、スマートワークプレイス、スマートホームなどあらゆる市場で広く適用されています。

 

人類の加速するデジタルトランスフォーメーションの加速と第4次産業革命は、IoT市場の成長を牽引する主力の2つです。スマート環境やスマートファクトリーの構築を求める企業が増えています。IoTデバイスは、サプライチェーンを管理して生産フローを最適化し、温度や湿度などの変化を測定するセンサーを使用して、潜在的な異常を適切に診断および検出します。また、人々はIoTデバイスを使用して、家庭の電子機器と制御システムを自動化しようとしています。これらすべての変化は、IoT市場に大きな成長をもたらします。

 

IoTの主要なセクションは、エッジデバイスとクラウドサービスという2つに分類できます。エッジデバイスは、ルーター、コンピューター、Webカメラなどのネットワークへのエントリポイントを指します。一方、クラウドサービスは、オンラインデータ移行、ストレージ、認証、および利用可能でアクセス可能なプール内の他の機能として知られています。エッジデバイスの市場は、2017年から2025年の間にCAGRが21.5%成長し、2025年までに808億米ドルに達すると予測されています。一方、クラウドサービスの市場はCAGRが24.1%成長し、2025年までに136億米ドルに達すると予想されています

 

Ref: Mordor Intelligence, Allied market research, Cision PR news

誰かがあなたの通話を聞くだけで、インターネットで閲覧しているものを見ることができ、さらにはパスワードやその他の機密情報をインターネットサービスプロバイダーから簡単に盗むことができたら、どれほど恐ろしく危険か想像してみてください。ソフトウェアの保護のみのため、企業から政府機関まで、複数のレベルで無数のデータ侵害がありました。明らかに、IoT の現状のセキュリティは大幅に不足しています。

 

これが、何兆もの相互接続されたデータノードのオンラインネットワークに誰もがさらされている時代において、ハードウェアセキュリティが包括的かつ効果的な情報プライバシーとデータ保護の鍵である理由です。PUFsecurityのPUFベースのセキュリティ機能は、先天的な物理的微小変動を利用して一意のパスワードを作成します。エッジ デバイスの一意識別子 (UID) として、またはキーの生成、ストレージ、暗号化、復号化を通じた安全なデータ転送管理として、PUF は複雑な補足設計なしで卓越したパフォーマンスを発揮できます。さらに、当社のIP機能設計は、低消費電力、導入が容易、コスト効率、および様々なIoTシステムに適合する柔軟性を誇っています。PUFsecurityのIP機能構成要素は、クライアントに柔軟なカスタマイズソリューションを提供し、セキュリティと予算の調整を支援します。

基本的なセキュリティ要件に基づいて、ほとんどの市場では、エッジデバイスがFIPS 140-2レベル2規格に準拠している必要があります。つまり、デバイス自体が適切な暗号化モジュールを必要とするだけでなく、改ざん防止対策も必要です。通常、エッジ デバイスには、セキュリティ対策に基づいて構築された UID と暗号化キーが必要です。このソフトウェアとハードウェアの検証を通じて、デバイスは、インターネットに接続しながら、不正なアクセスや改ざんからユーザー情報を保護します。