現在、銀行、金融サービス、および保険(BFSI)業界はいくつかの劇的な変化を経験しています。 AI、IoT、ブロックチェーン、およびクライアントの期待と好みの変化と組み合わされたその他の新しいテクノロジーは、金融機関がサービスを提供する方法を再定義しています。銀行、保険会社、および資産管理機関は、フィンテックに移行し、時代の刻々と変化する技術的進歩と法的プロトコルに適応するために、より柔軟なビジネスモデルに移行しています。

 

2015年以来、金融機関は既にそのデジタル変身に270億ドル以上を投資しています。ただし、この移行が起こっているため、IT業界も大きな進歩を遂げています。市場での存在感を確立するためだけに適切なセキュリティ対策を講じずに金融サービスを市場に早期にリリースすると、企業は発生する問題や攻撃によってすべてを失う危険性があります。したがって、情報セキュリティは先導する必要があるだけでなく、業務と密接に統合する必要もあります。

 

フィンテック市場は2017年から2025年まで毎年10.1%のCAGRで成長し、2025年までに489億5千万ドルの市場価値を持つと予測しています。金融b部門が変革するに従い、フィンテックも無限のサイバー攻撃に直面しています。これらの脅威に対処するために追加の投資が行われ、フィンテック市場の成長につながりました。

 

[Ref: Mordor Intelligence, Allied market research, Cision PR news]

クレジットカードの詳細が漏洩し、ATMマシンがハッキングされ、ビットコインの取引が侵害されました。被害を受けた企業やユーザーのこれらの事件はすべて、今日のニュースで見つけることができる一般的な見出しのほんの一部です。新しい利便性には新しいリスクが伴います。長期的な解決策が見つかるまで、セキュリティ上の懸念は常にフィンテックの成長を妨げます。取引中、ユーザーのデバイスの主な機能は、インターネットを介してサーバーから認証の交換と受取りをすることです。したがって、データ侵害を回避するために必要な暗号化アルゴリズムと予防手順を実行するには、ハードウェアセキュリティを実装することが不可欠です。

 

PUFsecurityのソリューションであるコアIP(NeoPUF)は、高品質なランダム性と予測不能性を備えた理想的なエントロピーソースです。その生まれながらの物理物理的微小変動はUIDとして使用でき、tRNG、認証、PUFベースの暗号化などの手段によりトランザクション保護を行います。PUF技術は複雑な補助設計なしで効果的に動作し、当社のIP機能設計は採用が容易で、コスト効率が高く、低消費電力です。また、フィンテック企業に合わせた柔軟でカスタマイズされたサービスも提供しています。大規模または小規模、スタートアップまたは既存の誰もが、PUFsecurityで最適なセキュリティソリューションを見つけることができます。

電子ビジネス機器やスマートフォンが普及するにつれ、モバイル決済は日常生活に欠かせないものとなっています。しかし、ユーザーのデバイスと銀行のサーバー間のすべての取引に関連する個人情報と財務上の詳細は、ハッカーのターゲットとなっています。これらの取引中に送信される情報を保護するために、各エッジデバイスがそのハードウェアの固有のキーを(たとえばPUFテクノロジを使用して)利用できれば、金融サービスはより安全になります。サーバーやシステムを保護し、サイバー脅威から保護するために何が必要かを理解するために、FIPSレベル3および4に開示されている基準を参照することをお勧めします。

たとえば、IoT とフィンテックのクラウド サーバーを考えてみましょう。サーバーがさまざまなデバイスからの要求を処理します。実際には、サイバー攻撃の脅威にさらされやすくなっています。したがって、FIPS レベル 1 および 2 で必要な受動的防御とは別に、レベル 3 および 4 でのア積極的な防御対策で、潜在的な攻撃を検出して認識する必要があります。

© 2019 PUFsecurity  All Rights Reserved