車両のインターネットとは、RFID、Bluetooth、Wi-Fiで接続されたIoT対応の車両のネットワークを指します。これらの車両は、現在の運行を管理および調整するために、情報を伝達し更新を取り込します。これらの動的でライブの変更により、車両は機能的なニーズに応じてドライバーにサービスを提供します。

 

一般の人々にとって、車は単なる輸送手段ではありません。また、安全性、快適性、利便性、持続可能性、環境への配慮を維持することも期待されています。これにより、自動車産業は、機械部品よりも自動車のデジタルテクノロジーをに重点を置いています。その結果、従来の自動車と比較して、新しい車両はデータ侵害、不正アクセス、ハッキングなどの新しいデジタル脅威に対して脆弱になっています。

 

市場は2017年から2025年にかけて毎年23.16%の成長を見込み、98億5千万米ドルの価値に達する見込みです。法人によれば、この業界は、ほとんどの主要なテクノロジー企業によって、半導体業界の成長の次の触媒であると広く見なされています。 NVIDIA、Google、Microsoftのいずれであっても、誰もが自動運転車の立ち上げに部分的に投資しています。さらに、今年は、自動車のバッテリー容量、寿命、安全性が向上し、電気自動車の開発コストが削減されたというブレークスルーもありました。上記のすべての要因が電気自動車の普及を加速させ、自動車用半導体市場の世界的な成長につながります。

[Ref: Mordor Intelligence, Allied market research, Cision PR news]

想像してみてください:あなたは最新モデルの自動運転車で旅をしています。突然、未知の悪意のあるエージェントがシステムに侵入し、制御不能に陥ります。制御を取り戻して手動モードに切り替えようとしますが、手がハンドルに届くまでに、誰かがすでに死の扉にいます。有能なシステムを必要とすることは別として、無人運転車はサードパーティのサイバー攻撃に耐え、制御を維持できる必要があります。

 

セキュリティ規制を満たすためには、基本的なプロセッサやセンサーから複雑なアルゴリズムや予防システムに至るまで、スマートカーのコンポーネントを適切に承認および認定する必要があります。最優先事項は、サイバーセキュリティ対策、偽造防止システム、および安全なサプライチェーンの実装です。

 

ここで、PUFsecurityのPUFベースのセキュリティ機能が役立ちます。 NeoPUFの完全に予測不可能なランダム性と、さまざまな電圧と極端な温度(-40°C-175°C)での著しい安定性に依存することにより、スマートカーは動作環境に関係なく信頼性の高いパフォーマンスを実現できます。 UIDをパーツに適用し、暗号化方式を車の送信システムに適用し、認証機能を車のログインシステムに適用することにより、PUFを車のセキュリティシステムに統合できます。当社のNeoPUFに基づくセキュリティIPは、容易に導入できるだけでなく、消費電力も抑えられます。さらに、NeoPUFベースのソリューションは、多層セキュリティ設計がもたらす負担を軽減し、クライアントがセキュリティと運用効率のバランスを達成できるようにします。

自動運転車の技術が成熟するに従い、自動車の自動運転システムとセキュリティプロトコルに使用される電子部品の数は、その検出システムとリアルタイムの反応制御を処理するために増加します。現時点では、車両のセキュリティシステムの信頼性は、サイバー攻撃から電子部品を保護する能力に依存します。デジタル証明書と偽造防止機能は非常に重要であるため、FIPS レベル 1 からレベル 4 までのセキュリティを考慮することをお勧めします。これらは、保護、検出、対応、および回復の機能を指します。

© 2019 PUFsecurity  All Rights Reserved